# xserver に nodejs インストール

レンタルサーバーエックスサーバーの題にしてるけど、エックス以外のレンタル・レンタルじゃないサーバーでもいけます。
vuejs react が流行ってる今、nodejs は web 開発に不可欠な存在!
まあ、余計な話なしで GO!

# nodebrew という便利ツール インストール

エックスサーバーは curl 使えないが、別のサーバーで curl 使える環境なら

curl -L git.io/nodebrew | perl - setup

ここからエックスサーバーに node 入れる作業
curl なしなら wget と perl の組み合わせ拳法でダウンロード&インストール!

wget git.io/nodebrew
perl nodebrew setup

# Fetching nodebrew...
# Installed nodebrew in \$HOME/.nodebrew
#
# ========================================
# Export a path to nodebrew:
#
# export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH
#
# ========================================

これでインストール完了ですが、あと少し

# nodebrew のパス通す

インストール完了したら、注意書きで教えてくれたパスを通す

# .bashrcファイルに出力
echo 'export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH' >> ~/.bashrc

# .bashrc内容反映
source ~/.bashrc

これで nodebrew 使えるようになった! 🎉

# nodebrew help の出力

インストール完了したら、とりあえず help 見るべし

nodebrew help

# nodebrew 1.0.1
#
# Example:
#     # install
#     nodebrew install v8.9.4
#
#     # use a specific version number
#     nodebrew use v8.9.4

うん。。。よく分かる?よくわからない?
親切に使い方の例教えてくれたようで
nodebrew install v8.9.4で叩くと nodejs v8.9.4 がインストールされる!
あと一歩!

# nodebrew 使い方

nodejs いろんなバージョンインストールしてみる

nodebrew install latest # latest version
nodebrew install stable # stable version
nodebrew install v8.9   # v8.9 latest
nodebrew install 8.9.4  # without `v`
  • latest 最新バージョン
  • stable 安定バージョン
  • v8.9 バージョン 8.9 指定
  • 8.9.4 vなしでバージョン指定

大体こんな感じ

# インストールしたパッケージ確認

nodebrew にインストールしたパッケージ一覧

nodebrew list
# v14.2.0

nodebrew で使うバージョンを指定

nodebrew use v14.2.0

# nodejs npm 入ってること確認

入れました入れました
さあ、本当に入ってる?
確認

node -v
# v14.2.0

npm -v
# 6.14.4

入ってる入ってる!OK 完了!

# nodebrew コマンド一覧

コマンド 説明
nodebrew help Show this message
nodebrew install <version> Download and install <version> (from binary)
nodebrew compile <version> Download and install <version> (from source)
nodebrew install-binary <version> Alias of install (For backward compatibility)
nodebrew uninstall <version> Uninstall <version>
nodebrew use <version> Use <version>
nodebrew list List installed versions
nodebrew ls Alias for list
nodebrew ls-remote List remote versions
nodebrew ls-all List remote and installed versions
nodebrew alias <key> <value> Set alias
nodebrew unalias <key> Remove alias
nodebrew clean <version> | all Remove source file
nodebrew selfupdate Update nodebrew
nodebrew migrate-package <version> Install global NPM packages contained in <version> to current version
nodebrew exec <version> -- <command> Execute <command> using specified <version>

nodebrew (opens new window)

2020-03-05
  • server

関連記事

AWS 504 Gateway Timeout エラー対応
AWS EC2 の amazon-linux-extras の話
デプロイツール Capistrano
Shell と Bash のいろいろ
crontab 設定いろいろ
Mac ターミナル SSH 接続設定
Centos7 Webserver 構築の時のメモ
レンタルサーバーなら xserver おすすめ理由
解決! xserver php バージョンアップした時に ssh 環境に反映されない
youtube 見れるように vpn サーバー建ててみた
xserver に vim インストール