# ZeroSSL で無料 SSL できるけど Let's Encrypt と比較

ZeroSSL は、SSL 証明書を無料で取得できるサービスです。

特徴として

  • 無料で利用可能
  • インターフェース画面がある
  • 自動更新できる
  • 有料なら API 統合できる

Let's Encrypt もできるけど、なぜ ZeroSSL を選ぶ?

インターフェース画面があること、ドメインの DNS 認証だけで認証ファイルダウンロードできることは場合によって非常に便利になります。有料になりますが、公式は REST API 提供しているため、自前システムでの複数のドメインの SSL 管理や2次開発もできそうな気がします。

# ZeroSSL と Let's Encrypt 比較

どちらも無料で SSL 証明書を取得できるサービスで、ZeroSSL の無料版と有料版がありますが、無料版を Let's Encrypt と比較してみました。

ZeroSSL Let's Encrypt
証明書発行方法 インターフェース コマンドラインツール
有効期限 無料 90 日 有料 1 年 90 日
自動更新 あり あり
API のサポート 無料なし 有料あり 公式なし、サードパーティあり
証明書の種類 DV(ドメイン認証) DV OV(組織検証)EV(拡張検証)

Let's Encrypt は、ZeroSSL よりも多機能であるが、ZeroSSL はインターフェースで操作できるため、初心者に優しくより簡単に SSL 証明書発行できます。また、外部公開していない社内専用のドメインを無料 SSL するなら ZeroSSL で DNS 認証で認証ファイルをダウンロードしてサーバーに設定するだけでできそうですね。

# ZeroSSL 料金プラン

Free Basic
月額料金 $0 $10
90 日 認証
1 年認証 X
マルチドメイン X
90 日ワイルドカード X X
1 年ワイルドカード X X
ACME 認証
REST API X
技術サポート X
カスタマソリューション X X

2024 年 5 月 1 日までの情報

Basic 以外にも Premium プラン、Business プランと Enterprise プランがありますが、無料プランと基本の Basic プランをリストしました。

最新情報と詳細は公式サイトまで

# Let's Encrypt 以外に無料で SSL 証明書を取得できるサービス

  • ZeroSSL
    • 簡単に SSL 証明書を取得できるオンラインツール
  • SSL For Free
    • 無料で SSL 証明書を取得できる

レンタルサーバー、クラウドサービスなどほとんどのサーバーメーカーは無料 SSL サービス提供しています。管理画面から簡単に発行できるところがほとんどですが、VPS やオンプレを構築する際に Let's Encrypt など自前で SSL 証明書を発行する方法が有用ですね。

# 余談

1994 年にネットスケープコミュニケーションズ社によって開発されました SSL1.0 の技術が 30 年経ってしまいました。2018 年から Chrome は常時 SSL 化されていないサイトに警告を表示するようになり、今は SSL/TLS が WEB サイト導入必須でも言えるくらい広く使用されています。

SSL/TLS とは

SSL(Secure Sockets Layer)と TLS(Transport Layer Security)は、インターネット上のデータ通信を暗号化し、セキュリティを確保するためのプロトコルです。SSL は、ネットワーク通信のセキュリティを確保するために開発されたプロトコルで、TLS は SSL の後継プロトコルとして開発され、よりセキュアで信頼性の高い通信を実現するために設計されました。
TLS は、SSL の後方互換性を維持していますが、セキュリティ上の理由から、古いバージョンの SSL は推奨されません。

# 参考

2024-05-01
  • server

関連記事

積水ハウス SQL インジェクション攻撃による個人情報漏洩
ジェネレーティブ AI と大規模言語モデル(LLM)を学ぶためのリソース
XZ Utils 事件対応
Ubuntu で Web サーバーを構築する手順
メールサーバー移行と POP & IMAP 設定
Docker Supervisor 使ってバッチ処理
よく使う WSL コマンド
自宅サーバー構築!  Nextcloud で NAS クラウドストレージ
no such file or directory: /usr/share/zsh/vendor-completions/_docker
oh my zsh 使うべし
AWS SES メール開封確認  DB に集計
AWS CloudWatch ログ監視で Lambda 処理
Vim 操作とショートカット
DDNS 無料ダイナミック DNS サービス 4 つ
Nginx 基本設定
SPF メール送信なりすまし対策
Windows Mac Linux hosts ファイル場所
AWS Unresolved resource dependencies [AWSEBV2LoadBalancer] エラー
ディスク容量を確認する df コマンド
Laravel Address already in use の原因
content-security-policy 設定
AWS Elastic Beanstalk php.ini 設定変更
AWS Elastic Beanstalk 環境設定
AWS のタイムゾーンを UTC 協定世界時から JST 日本標準時に変更
Docker の基本的な使い方
Amazon DynamoDB 制限調査
AWS 504 Gateway Timeout エラー対応
Shell と Bash のいろいろ
Mac ターミナル SSH 接続設定
Elastic Beanstalk \$\SERVER['REMOTEADDR'] 取得できない
crontab 設定いろいろ
AWS EC2 の amazon-linux-extras の話
デプロイツール Capistrano
解決! xserver php バージョンアップした時に ssh 環境に反映されない
youtube 見れるように vpn サーバー建ててみた
xserver に vim インストール
xserver に nodejs インストール
レンタルサーバーなら xserver おすすめ理由
Docker command でドッカー練習する時のメモ
Windows10 Home に Docker 入れた時のメモ
Centos7 Webserver 構築の時のメモ