# Amazon DynamoDB 制限調査

項目 制限
テーブル数 無制限
データ 400KB
API 取得 16 MB
API 1秒リクエスト 5・10 回

# Tables

  • リージョンごとに 256 テーブル 拡大をリクエストするにはサポートセンターへ

グローバルテーブル

  • 一つのテーブルに 40,000 ユニット 読み込み、40,000 ユニット 書き込み

40,000 を超える書き込みキャパシティーユニット (WCU) を使用するように設定されているテーブルのレプリカを追加する場合は、レプリカの追加 WCU クォータのサービスクォータの拡大をリクエストする必要があります。

セカンダリインデックス

  • 5 の最大ローカルセカンダリインデックス
  • 20 のグローバルセカンダリインデックス

テーブル名 定義ルール

  • 3 文字以上、255 文字以下

可能な文字

  • A-Z
  • a-z
  • 0-9
  • _ (下線)
  • - (ハイフン)
  • .(ドット)

属性名

  • 64 KB 以下
  • 255 文字以下

# データ型

  • String 文字列最大項目サイズ 400 KB
  • Number 数字最大 38 桁
  • Binary バイナリ最大項目サイズ 400 KB

DynamoDB の最大項目のサイズは、400 KB で、属性名バイナリの長さ (UTF-8 長) と属性値の長さ (これもバイナリ長) を含みます。属性名はサイズ制限に反映されます。

値だけではなく、属性名の長さも一緒にカウントされます。

# ストリーム

最大 2 つまでプロセスによる読み取り

# トランザクション API

  • 25 個までのアクション
  • 4 MB までのデータ
  • 同一トランザクションに 2 つのアクションが同じテーブルに操作できない
  • 複数の AWS アカウントまたはリージョンのテーブル操作できない

# CreateTable / UpdateTable / DeleteTable

  • 同時に実行できるリクエスト個数最大 50

# BatchGetItem

  • 最大 100 項目を取得
  • 取得合計サイズは 16 MB まで

# BatchWriteItem

  • 最大 25 の PutItem または DeleteItem リクエスト
  • 合計サイズは 16 MB まで

# DescribeTableReplicaAutoScaling

  • 1 秒あたり 10 リクエスト

# DescribeLimits

  • 定期的に呼び出すのみで 1 分以内に複数回呼び出すと、スロットリングエラー

# DescribeContributorInsights / ListContributorInsights / UpdateContributorInsights

  • 1 秒あたり最大 5 つのリクエスト

# Query / Scan

  • 呼び出しあたり 1 MB まで

# UpdateTableReplicaAutoScaling

  • 1 秒あたり 10 個のリクエスト
2021-04-27
  • server
  • aws

関連記事

AWS 504 Gateway Timeout エラー対応
デプロイツール Capistrano
Elastic Beanstalk \$\SERVER['REMOTEADDR'] 取得できない
AWS Elastic Beanstalk php.ini 設定変更
AWS Elastic Beanstalk 環境設定
AWS のタイムゾーンを UTC 協定世界時から JST 日本標準時に変更
AWS EC2 の amazon-linux-extras の話
Shell と Bash のいろいろ
crontab 設定いろいろ
xserver に nodejs インストール
解決! xserver php バージョンアップした時に ssh 環境に反映されない
Mac ターミナル SSH 接続設定
Centos7 Webserver 構築の時のメモ
xserver に vim インストール
レンタルサーバーなら xserver おすすめ理由
youtube 見れるように vpn サーバー建ててみた