# Laravel 初期設定

PHP8.1 に対応した 2022 年最新バージョンの Laravel9 を作業している時に初期設定した内容をまとめます。

# Config ファイル設定

config ディレクトリの下にアプリケーションの基本設定、DB 設定などいろいおできる

# タイムゾーン & デフォルト言語設定

日本でシステム運営するなら、タイムゾーンと言語を日本の時間と言語に合わすべき

作業ファイル config/app.php

return [
    // アプリケーションデフォルトのタイムゾーン設定
    // PHPの日付および日時関数を使用する際にこの設定を参照
    'timezone' => 'Asia/Tokyo',

    // 翻訳サービスプロバイダーが使用するデフォルトのロケールを設定
    'locale' => 'ja',

    // フォールバックロケールは、指定したロケールが使用できない場合に使用するロケールを決定
    'fallback_locale' => 'ja',

    // FakerPHPライブラリがデータを生成する際に使用
    'faker_locale' => 'ja_JP',
],

タイムゾーン変更後の時間確認

php artisan tinker
>>> echo Carbon\Carbon::now();
# 2022-09-07 12:00:00  //変更前
# 2022-09-07  21:00:00   //変更後

テストしてないけど、locale を日本語化にするならファイルダウンロードする必要があるようです。

日本語ファイルをダウンロード

php -r "copy('https://readouble.com/laravel/6.x/ja/install-ja-lang-files.php', 'install-ja-lang.php');"
php -f install-ja-lang.php
php -r "unlink('install-ja-lang.php');"

# DB 周りの設定

config/database.php




 
 




return [
    'connections' => [
        'mysql' => [
            'charset' => 'utf8mb4',
            'collation' => 'utf8mb4_ja_0900_as_cs_ks',
        ],
    ],
];

'charset' => 'utf8mb4' 文字コードは 1 文字最大 4 バイトを使用し、絵文字をサポート
'collation' => 'utf8mb4_ja_0900_as_cs_ks' 照合順序はアクセント記号(清音濁音半濁音)、大文字小文字(拗音促音など)、ひらがなとカタカナを判別

# env 設定

以前のバージョンでは key を generate する必要があったが、いつの間に Laravel インストールしたら自動生成するよう便利になりました。

# DB 接続情報

DB_CONNECTION=mysql
DB_HOST=127.0.0.1
DB_PORT=3306
DB_DATABASE=laravel
DB_USERNAME=root
DB_PASSWORD=password

Sail 使って Docker Compose でコンテナ作成する際に env にある DB 接続情報を元に Mysql サーバー作成してくれます。

# セッションタイムアウト値 SESSION_LIFETIME

env ファイル env.example ファイル両方変更

# デフォルトは 120 (2時間)
# 1440 (1日)
# 10080 (1週間)
# 43800 (1ヶ月)
# 525600 (1年)
SESSION_LIFETIME=10080

# APP_NAME

APP_NAME というアプリネームを設定します。

# composer.json 設定

プロジェクト名、プロジェクトの説明、ライセンスを記入





 


{
  "name": "laravel-app",
  "type": "project",
  "description": "プロジェクト説明",
  "license": "proprietary"
}

プライベート開発の場合 proprietary と明示

# エディター .editorconfig 設定

EditorConfig (opens new window)

## EditorConfig is awesome: https://EditorConfig.org

## top-most EditorConfig file
root = true

## Unix-style newlines with a newline ending every file
[*]
end_of_line = lf
insert_final_newline = true

## Matches multiple files with brace expansion notation
## Set default charset
[*.{js,php}]
charset = utf-8

## 4 space indentation
[*.php]
indent_style = space
indent_size = 4

## Tab indentation (no size specified)
[Makefile]
indent_style = tab

## Indentation override for all JS under lib directory
[lib/**.js]
indent_style = space
indent_size = 2

## Matches the exact files either package.json or .travis.yml
[{package.json,.travis.yml}]
indent_style = space
indent_size = 2

# filesystems の設定

# storage 公開

必要に応じて filesystems 設定ファイルに含まれている public ディスクは、パブリックに公開してアクセスできるようシンボリックリンクを貼る。
デフォルトでは、public ディスクは local ドライバを使用し、そのファイルを storage/app/public に保存

php artisan storage:link

シンボリックリンクを作成したら、asset ヘルパを使用してファイルへの URL を作成できます。

echo asset('storage/file.txt');

# FTP ドライバの設定

FTP ドライバを使用する前に、Composer パッケージマネージャを使用し、Flysystem FTP パッケージをインストールする必要があります。

composer require league/flysystem-ftp "^3.0"

config/filesystems.php

'ftp' => [
    'driver' => 'ftp',
    'host' => env('FTP_HOST'),
    'username' => env('FTP_USERNAME'),
    'password' => env('FTP_PASSWORD'),

    // オプションのFTP設定
    // 'port' => env('FTP_PORT', 21),
    // 'root' => env('FTP_ROOT'),
    // 'passive' => true,
    // 'ssl' => true,
    // 'timeout' => 30,
],

# SFTP ドライバの設定

composer require league/flysystem-sftp-v3 "^3.0"

config/filesystems.php

'sftp' => [
    'driver' => 'sftp',
    'host' => env('SFTP_HOST'),

    // 基本認証の設定
    'username' => env('SFTP_USERNAME'),
    'password' => env('SFTP_PASSWORD'),

    // 暗号化パスワードを使用するSSHキーベースの認証の設定
    'privateKey' => env('SFTP_PRIVATE_KEY'),
    'password' => env('SFTP_PASSWORD'),

    // オプションのSFTP設定
    // 'hostFingerprint' => env('SFTP_HOST_FINGERPRINT'),
    // 'maxTries' => 4,
    // 'passphrase' => env('SFTP_PASSPHRASE'),
    // 'port' => env('SFTP_PORT', 22),
    // 'root' => env('SFTP_ROOT', ''),
    // 'timeout' => 30,
    // 'useAgent' => true,
],

# その他

  • 開発のコーディングルールを決める

php 開発におけるコーディングルール・規約 (opens new window)

複数人で開発する際に、開発ルールを前もって決めた方がトラブルを回避できます。

  • GitHub Actions

Github 使うなら必ずというほど、自動デプロイや自動テストの実装をします。

  • Socialite のインストール

コミュニティログインで使えるソーシャルプロバイダー管理ライブラリ

composer require laravel/socialite

Socialite Providers (opens new window)

2022-09-07
  • php
  • laravel
レンタルサーバー エックスサーバー レンタルサーバー エックスサーバー DMM fx DMM fx 開発/運用エンジニア募集プログラム 開発/運用エンジニア募集プログラム 外為ジャパンFX 新規口座開設促進 外為ジャパンFX 新規口座開設促進 eBay公式ショッピングサイト Qoo10 eBay公式ショッピングサイト Qoo10 Amazon.co.jpのカテゴリごとのページ

関連記事

Codeigniter 画像アップロードとリサイズ
Codeigniter APPPATH BASEPATH FCPATH 各種パスと URL 取得
AWS SES メール開封確認  DB に集計
Laravel logger でエラーログを chatwork に自動送信
php CSV データ取得は fgetcsv 使う
Laravel tinker 使って DB データベース接続とコマンド
Laravel Test についてのメモ
Laravel Log の基本設定&使い方
Exception: Class 'ZipArchive' not found
Laravel Sail で Docker 環境構築
PHP 文字列長さ・文字列の幅を取得方法
Laravel Lumen Faker 日本語設定
laravel method の基本 get post put options
Laravel schedule 設定
Class 'Imagick' not found Error
Laravel eloquent model の規約
PHP mbconvertkana 全角半角英数カナ変換
Laravel timestamp() auto update 有効化無効化
Lumen8 で JWT ユーザー認証
Laravel toSql パラメータ付きで出力
Lumen8 で API 開発
php Exception エラーキャッチでメール送信
Smarty HTTP URL 取得できるサーバー関数
Laravel blade foreach loop と current url
laravel session を制する
PHP empty isset is_null の違い
PHP 8 リリース新機能と変更
FlattenException deprecated
php.ini 初期設定のいろいろ
Laravel 5.1 から 8.1 にバージョンアップ
PHP 7.4 にアップグレードして使えなくなる機能
開発時によく使うゼロ埋めパディング作業まとめ
php date 日付の日数・月数差を計算
解決!phpMyAdmin テーブル構造の内容が表示されない問題
codeigniter email ライブラリでメール送信 日本語対応
Composer コマンドとオプション
爆速軽量フレームワーク codeigniter PHP 開発
nuxtjs と codeigniter で jwt システム構築
Lumen と Laravel 違い比較
HTML から PDF に変換 PHP ライブラリ mPDF の設定
twig 3 人気 PHP テンプレートエンジンがバージョンアップ
正規表現一覧 よく使う検索・置換のパターン
Apache 初期設定メモ
php 開発におけるコーディングルール・規約
Laravel Error についてのメモ
laravel に vuejs 使うための初期設定
php curl 使って クリックなしで POST 送信
allowurlinclude の設定で ftp_connect()エラー