#リユース検定試験勉強 第5章 特定商品の取引注意

出題範囲:4問

#家電4品目の取扱

家電リサイクル法

家電リサイクル法は、廃棄された家電製品に有用な資源、部品を再利用を目的として家電製品製造業者及び小売業者に廃家電のリサイクルを義務づけた法律だ。
1.家電4品目 (法律の対象は以下4品目)

  • 家庭用エアコン
  • テレビ
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機・衣類乾燥機

2.家電リサイクル法の処理の流れ
家電リサイクル処理の流れ

家電リサイクル法違反に注意

リサイクル料金を徴収した廃家電を販売すること、または指定事業者以外に渡すことは、家電リサイクル法違反。

#パソコンの取扱

資源有効利用促進法

家庭用パソコンも家電4品目と同じく部品や原料の再資源化再商品化が必要

PCS リサイクルマーク

2003年10月以降に販売された家庭用パソコンは、PC リサイクルマークが付いている。このマークのついたパソコンは廃棄する際に新たな料金の負担なく廃棄できる。PC リサイクルマークのついてないパソコンは回収再資源化料金を廃棄時に所有者が負担する

#貴金属などの取扱

貴金属買取、販売時必要なこと

1.貴金属などとは
a.金、白金、銀及びこれらの合金
b.ダイヤモンドその他の貴石や半貴石(宝石)及び真珠
c.a 及びbを使用した製品
2.貴金属などの買取・販売する場合の義務
a.本人確認(200万円を超える現金取引)
b.本人確認記録の作成、保存(200万円超える現金取引)
c.取引記録の作成、保存(200万円超える現金取引)
d.疑わしい取引の届け出(様式が決まっている)

#PSC マーク制度

リユースショップや古物商は PSC マークを確認した上で販売する必要

規制対象品目

特定製品:圧力鍋、ヘルメット、山登り用ロープ、石油給湯器、石油風呂釜、石油ストーブ
特別特定製品:乳児用ベッド、携帯用レーザー応用装置、浴槽用温水循環器、ライター

2017-02-10
  • 試験

関連記事

リユース検定試験勉強 第1章 リユース業の意義
リユース検定試験勉強 第2章 ショップ運営の基本
リユース検定試験勉強 第4章 コンプライアンス営業
内部不正防止ガイドラインについてのメモ
IT パスポート試験勉強
リユース検定試験 勉強&概要
中小企業の情報セキュリティガイドライン 3.0 について
リユース検定試験勉強 第3章 ショップ運営の実務
情報セキュリティマネジメント試験についての勉強