# Laravel lang バリデーションメッセージを多言語対応

Laravel のバリデーションメッセージを多言語に対応するために、Laravel と Nuxtjs 修正手順を紹介します。

環境

  • Laravel 10
  • Nuxtjs

# Laravel-lang パッケージのインストール

まず、Laravel-lang パッケージをインストールします。言語ファイルを管理するための便利なツールが提供されます。

# Laravel-lang インストール
composer require laravel-lang/common --dev

必要な言語ファイルの追加
Laravel-lang パッケージをインストールした後、必要な言語ファイルを追加します。以下のコマンドを使用して、英語(en)、日本語(ja)、中国語(zh_CN)の言語ファイルを追加できます。

php artisan lang:add en ja zh_CN

これにより、次のようなディレクトリ構造が作成され、各言語用の言語ファイルが格納されます。

lang
├── en
│   ├── auth.php
│   ├── http-statuses.php
│   ├── pagination.php
│   ├── passwords.php
│   └── validation.php
├── en.json
├── ja
│   ├── auth.php
│   ├── http-statuses.php
│   ├── pagination.php
│   ├── passwords.php
│   └── validation.php
├── ja.json
├── zh_CN
│   ├── auth.php
│   ├── http-statuses.php
│   ├── pagination.php
│   ├── passwords.php
│   └── validation.php
└── zh_CN.json

# Middleware 作成

次に、言語を切り替えるためのミドルウェアを作成します。このミドルウェアでは、リクエストが受信された際に Accept-Language ヘッダーを解析し、サポートされている言語かどうかを確認して、デフォルトの言語を設定します。

以下は、SetLocale ミドルウェアの例です。

app/Http/Middleware/SetLocale.php











 




 









<?php
namespace App\Http\Middleware;

use Closure;
use Illuminate\Http\Request;

class SetLocale
{
    public function handle(Request $request, Closure $next)
    {
        $acceptLanguage = $request->header('Accept-Language');

        $supportedLocales = ['en', 'ja', 'zh_CN'];

        if (in_array($acceptLanguage, $supportedLocales)) {
            app()->setLocale($acceptLanguage);
        } else {
            app()->setLocale('en');
        }

        return $next($request);
    }

}

# Nuxtjs mounted に axios   header 追加

最後に、Nuxt.js アプリケーション内で Axios 通信時に Accept-Language ヘッダーを追加する必要があります。これにより、リクエストがサーバーに送信される際に選択された言語が送信されます。

以下は、Nuxt.js のレイアウトファイルである layout/default.vue 内で mounted メソッドを使用して Accept-Language ヘッダーを設定する例です。

layout/default.vue

  mounted() {
    this.$axios.setHeader('Accept-Language', this.$i18n.locale)
  },

これにより、各リクエストに適切な言語設定が含まれるようになり、多言語対応が実現されます。

2023-10-07
  • laravel

関連記事

Laravel でカテゴリー作成 テーブル構築と再帰クエリ
Laravel Queue で非同期処理
Laravel notification メール通知カスタマイズ
Laravel を API サーバーとしての初期設定
Laravel リクエストログ出力
Laravel 429 Too Many Requests
Laravel Email バリデーションについて
Laravel Sanctum 使って API トークン JWT 認証と SPA 認証
AWS SES メール開封確認  DB に集計
Laravel logger でエラーログを chatwork に自動送信
Laravel tinker 使って DB データベース接続とコマンド
Laravel Test についてのメモ
Laravel Log の基本設定&使い方
Laravel Sail で Docker 環境構築
Laravel Lumen Faker 日本語設定
laravel method の基本 get post put options
Laravel schedule 設定
Laravel eloquent model の規約
Laravel timestamp() auto update 有効化無効化
Laravel toSql パラメータ付きで出力
Laravel blade foreach loop と current url
laravel session を制する
Laravel 5.1 から 8.1 にバージョンアップ
Lumen と Laravel 違い比較
Laravel Error についてのメモ
laravel に vuejs 使うための初期設定