# Mac 開発マシン初期設定

Homebrew 使ってパッケージインストール

Homebrew install

/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install.sh)"

権限設定

sudo chown -R $(whoami):admin /usr/local/*
sudo chmod -R g+w /usr/local/*

# brew コマンドで必要なパッケージをインストール

# mysql
brew install mysql
# httpd
brew install httpd
# git
brew install git
# nodebrew
brew install nodebrew
# bat cat の代替コマンド
brew install bat
# fd find の代替コマンド
brew install fd
# vscode
brew install --cask visual-studio-code
# Spectacle 画面リサイズツール
brew install --cask spectacle
# postman
brew install --cask postman
# docker
brew install --cask docker
# vagrant
brew install --cask vagrant
# skype
brew install --cask skype
# MAMP
brew install --cask mamp
# chrome
brew install --cask google-chrome
# google入力
brew install --cask google-japanese-ime
# firefox
brew install --cask firefox
# OneDrive
brew install --cask onedrive
# Googledrive
brew install --cask google-drive
# clipy
brew install --cask clipy
# mysql-workbench
brew install --cask mysql-workbench

# Brewfile にまとめて一括インストール

拡張子なしの Brewfile ファイル作成

tap "homebrew/bundle"
tap "homebrew/cask"
tap "homebrew/cask-versions"
tap "homebrew/core"
tap "homebrew/services"
brew "bat"
brew "cask"
brew "composer"
brew "fd"
brew "git"
brew "mysql"
brew "httpd"
brew "nodebrew"
brew "php@7.4", restart_service: true, link: true
cask "clipy"
cask "docker"
cask "firefox"
cask "google-chrome"
cask "google-drive"
cask "google-japanese-ime"
cask "mysqlworkbench"
cask "onedrive"
cask "postman"
cask "skype"
cask "spectacle"
cask "vagrant"
cask "visual-studio-code"

ファイル編集してからbrew bundleコマンド一括インストール

すでにインストールした brew list から Brewfile 吐き出すなら

# Brewfile dump
brew bundle dump

# Nodebrew nodejs バージョン別で管理・インストール

nodebrew setup

nodebrew install-binary stable
nodebrew use stable

nodebrew install v12
nodebrew install v14
nodebrew use v12

# mac public key 生成



 
 






mkdir ~/.ssh
chmod 700 ~/.ssh
ssh-keygen -t rsa
cat ~/.ssh/id_rsa.pub

mkdir ~/.ssh/key
chmod 700 ~/.ssh/key
chmod 400 ~/.ssh/key/*
vi ~/.ssh/config

~/.ssh/config

Host testssh
    HostName sv12345.xserver.jp
    User xs12345
    IdentityFile ~/.ssh/key/xs12345.key
    Port 22
chmod 600 ~/.ssh/config

# システム環境設定

  • トラックパッド 右クリック
  • ディスプレイ ダークモード
  • Launchpad 整理
  • Dock 大きさ調整
  • キーボード F1 F2 キー表示

# 隠しファイル表示

# 表示
defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles -boolean true

# 非表示
defaults delete com.apple.finder AppleShowAllFiles

# Git

設定確認

# ローカルの設定
git config -l
# グローバルの設定
git config --global -l

git ユーザー名、メールアドレスの設定

git config --global user.name "ユーザー名"
git config --global user.email "email@example.com"

git カラー設定

git config --global color.ui true
git config --global color.diff auto
git config --global color.status auto
git config --global color.branch auto

# Git Bash for Mac

Mac の bash ターミナルはシンプルですが、色が鮮やかな git bash が使いやすいので Git Bash for Mac (opens new window) を入れます。

  1. ターミナルから install
/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/fabriziocucci/git-bash-for-mac/master/install.sh)"
  1. ターミナルの設定からプロファイルからテーマをProに変更

  2. ターミナル再起動

アンインストールなら

/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/fabriziocucci/git-bash-for-mac/master/uninstall.sh)"
2021-02-24
  • hardware
レンタルサーバー エックスサーバー レンタルサーバー エックスサーバー DMM fx DMM fx 開発/運用エンジニア募集プログラム 開発/運用エンジニア募集プログラム 外為ジャパンFX 新規口座開設促進 外為ジャパンFX 新規口座開設促進 eBay公式ショッピングサイト Qoo10 eBay公式ショッピングサイト Qoo10 Amazon.co.jpのカテゴリごとのページ