# Laravel 5.7 の MVC 使う時のメモ

# Model

sample tax_mode.php

<?php

namespace App;

use Illuminate\Database\Eloquent\Model;
use Illuminate\Support\Facades\DB;

class tax_model extends Model
{
    protected $db;
    protected $table = "TAX";
    protected $id = "tax_id";

    public function __construct()
    {
        $this->db = DB::connection();
    }

    public function insertRow(Array $data)
    {
        return $this->db->table($this->table)->insertGetId($data);
    }

    public function updateRow(Array $where, Array $data)
    {
        return $this->db->table($this->table)->where($where)->update($data);
    }

    public function getRow(Array $where, String $select = '*')
    {
        return $this->db->table($this->table)->select($select)->where($where)->orderBy($this->id, 'desc')->first();
    }

    public function getList(Array $where, String $select = '*')
    {
        return $this->db->table($this->table)->select($select)->where($where)->orderBy($this->id, 'desc')->get();
    }

    public function getRowId(Array $where)
    {
        $data = $this->getRow($where, $this->id);
        return $data ? $data->{$this->id} : false;
    }
}

# __construct()

DB::connection()

# insertRow()

insertRow(Array $data) insert 後 insert した行の ID を返却

# updateRow()

updateRow(Array $where, Array $data)
$where 条件
$data 変更データ

# getRow()

getRow(Array $where, String $select = '*') 条件一致のデータ一行のみ返却

# getList()

getList(Array $where, String $select = '*') 条件一致の全データ返却

# getRowId()

getRowId(Array $where) 条件に一致した行の ID 数字返却

# Query builder SQL を確認 toSql()

toSql() SQL 文取得
getBindings() プレースホルダの値取得

    public function getRow(Array $where, String $select = '*')
    {
        $query = $this->db->table($this->table)
                          ->select($select)
                          ->where($where)
                          ->orderBy($this->id, 'desc');
        // SQL文発行
        print_r($query->toSql());

        // プレースホルダの値取得
        print_r($query->getBindings());
    }

# QueryBuilder Mode SQL update +1

複数のデータ行を id 条件で update +1 にする

モデルにサンプルソース

    public function progressiveStatusByIds(String $col, array $ids, String $progressive = '+1')
    {
        return $this->db->table($this->table)->whereIn($this->key, $ids)->update([$col => DB::raw($col . $progressive)]);
    }

# Init

$this->db $this->table $this->key について

protected $db = DB::connection());;
protected $table = 'table_name';
protected $key = 'id';

# $col

カラム名 String status

# $ids

テーブルキーの配列 (whereIn 用) Array [1,2,5,6]

# $progressive

更新差分値 String +1 -2

# DB::raw()

エスケープなしで生のデータフォーマット

2019-09-13
  • php
  • laravel
レンタルサーバー エックスサーバー レンタルサーバー エックスサーバー DMM fx DMM fx 開発/運用エンジニア募集プログラム 開発/運用エンジニア募集プログラム 外為ジャパンFX 新規口座開設促進 外為ジャパンFX 新規口座開設促進 eBay公式ショッピングサイト Qoo10 eBay公式ショッピングサイト Qoo10 Amazon.co.jpのカテゴリごとのページ

関連記事

laravel session を制する
正規表現一覧 よく使う検索・置換のパターン
Apache 初期設定メモ
codeigniter email ライブラリでメール送信 日本語対応
Codeigniter APPPATH BASEPATH FCPATH 各種パスと URL 取得
PHP mbconvertkana 全角半角英数カナ変換
php 開発におけるコーディングルール・規約
php date 日付の日数・月数差を計算
php curl 使って クリックなしで POST 送信
FlattenException deprecated
php Exception エラーキャッチでメール送信
allowurlinclude の設定で ftp_connect()エラー
Laravel blade foreach loop と current url
Lumen と Laravel 違い比較
Laravel timestamp() auto update 有効化無効化
PHP empty isset is_null の違い
Laravel toSql パラメータ付きで出力
Lumen8 で JWT ユーザー認証
Lumen8 で API 開発
PHP 8 リリース新機能と変更
twig 3 人気 PHP テンプレートエンジンがバージョンアップ
解決!phpMyAdmin テーブル構造の内容が表示されない問題
Smarty HTTP URL 取得できるサーバー関数
開発時によく使うゼロ埋めパディング作業まとめ
nuxtjs と codeigniter で jwt システム構築
Laravel 5.1 から 8.1 にバージョンアップ
laravel に vuejs 使うための初期設定
HTML から PDF に変換 PHP ライブラリ mPDF の設定
PHP 7.4 にアップグレードして使えなくなる機能
php.ini 初期設定のいろいろ
Composer コマンドとオプション
Laravel Error についてのメモ
爆速軽量フレームワーク codeigniter PHP 開発