#8 万円前後で第9世代爆速 PC 組み立てる

2020 年最新の CPU と SSD パーツ集めて、個人用の最強クオリティ PC を組み立てるつもりです。
作業内容としては、オフィス系作業、画像編集、Youtube などのネットサーフィン、とプログラミングコーディングになります。
使う頻度は低いけど、たまに動画編集することもできるように、CPU i5 と独立グラフィックにしました。10 万くらいの PC かなと考えていたが、試算だしたら 8 万円前後でできるって、流石に安い!

#8 万円 PC のスペック

項目名称相場金額備考
マザーボードMSI H310M PRO-VDH PLUS M-ATX(opens new window)7,877Intel H310 チップ 第 9 世代 CPU 対応
CPUINTEL インテル Core i5 9400F 6 コア CPU(opens new window)17,724LGA1151 GPU なしでグラボ必須
メモリCrucial DDR4-2400 4GB×2 枚(opens new window)4,891無期限保証
SSDシリコンパワー SSD 256GB(opens new window)4,990ECC 読み取り : 550MB/s 書き込み : 450MB/s
HDDSeagate BarraCuda 3.5" 1TB(opens new window)4,8737200rpm
グラフィック玄人志向 NVIDIA GeForce GT 710 2GB(opens new window)4,082メモリ: DDR3
電源Thermaltake Smart 500W -STANDARD- PC(opens new window)4,4354 ピンコネクタ 3 口
PC ケースThermaltake Versa H17 CS7096 CA-1J1-00S1NN-00(opens new window)2,709microATX、Mini-ITX のマザーボードに対応
キーボードマウスロジクール ワイヤレス マウスキーボード セット(opens new window)1,922
モニターDell モニター 23.8 インチ(opens new window)11,480D-Sub ケーブルあり HDMI 別売り
WIFITP-Link WIFI 無線 LAN 子機(opens new window)713最大 150Mbps
OSWindows10 Home 64bit(opens new window)15,630

#CPU

i5 9400F 6 コアありますが、1万7千円ちょっとです。F の型番はグラフィック機能なしの CPU の意味するので、独立グラフィックボードを購入する必要があります。
なので、2 GB の GT710 を選びました。決めては 4,082 円の値段です。i5 9400 の F なし通常バージョンでは1万円高くなってしまいます。
オフィス系の事務作業だけの場合、CPU が i5 ではなくi3-9100F(opens new window)でも十分だと思います。i3 ってスペック低いでは?と思われることがあるでしょうが、i3 と言っても第9世代は4コアで結構パワフルなエンジンにはなります。もちろん i5 6コアのよりは性能違いますが、それでも 5 年前の同じ i シリーズより倍くらいの性能があります。特に値段で安く抑えたければ、4 コアの i3 9100F は i5 9400F のほぼ半値の 9,413 でなかなかのクオリティーで選択肢の一つになるでしょう。

#i3-9100F と i5-9400F 比較

項目i3-9100F(opens new window)i5-9400F(opens new window)
モデルCFL-R Corei3-9100Fi5-9400FIntel Smart Cache
コア/スレッド数コア数: 4 / スレッド数: 4コア数: 6 / スレッド数: 6
周波数(ターボ)3.60 GHz(4.20 GHz)2.90 GHz(4.10 GHz)
キャッシュ6 MB Smart Cache9 MB SmartCache
ソケットLGA1151 ソケットLGA1151 ソケット
最大メモリ64 GB DDR4-2400128 GB DDR4-2666
電力65W65W
金額9,41317,724

注意

この CPU には統合グラフィックスプロセッシングユニットがありません。専用のグラフィックスカードが必要です。

#マザーボード

第9世代 CPU 対応マザーボード チップセット一覧

  • Intel B360
  • Intel B365
  • Intel H310
  • Intel H370
  • Intel Z370
  • Intel Z390

Micro-ATX マザーボード Intel H310 の MSI H310M PRO-VDH PLUS M-ATX を選択した理由はやはり値段です。3 D ゲームしないし、ビットコインの採掘もしないので、高スペックのゲーミング PC はいらなくて、マザーボードのこだわりは必要なし。選ぶポイントは値段の安い順から調べて、安心メーカーブランドを選択したほうがいいでしょう。いままでの経験からすると PC のハード系故障の大半はマザーボードにあります。故障した時の自己調査も非常に面倒なことで、しっかりしたメーカーを選ぶべき。今回使用したマザボードは 1986 年から歴史ある台湾メーカーの MSI 社製です。

#Micro ATX マザーボード MSI H310M PRO-VDH PLUS と ASUS PRIME H310M-E 比較

項目MSI H310M PRO-VDH PLUS(opens new window)ASUS PRIME H310M-E(opens new window)
チップセットIntel H310Intel H310
ソケットLGA1151LGA1151
規格Micro ATXMicro ATX
CPUIntel 第 9 世代Intel 第 9 世代
対応メモリDDR4 (2666/2400/2133)最大 32GBDDR4 (2666/2400/2133)最大 32GB
拡張スロットPCIe3.0/2.0(x16) x 1 / PCIe3.0/2.0(x1) x 21 x PCIe 3.0/2.0 x16 (x16 mode, gray) / 2 x PCIe 2.0 x1
ストレージSATA3.0 x 41 x M.2 + SATA3.0 x 4
インターフェースUSB3.1 / USB2.0 / Gigabit-LAN / VGA / DVI-D / AUDIO / PS/24 x USB 3.1 Gen 1〜5 Gbps port,6 x USB 2.0 / 1.1 port

チップセットも金額も同じくらいの Micro-ATX ASUS PRIME H310M-E もあります。正直 ASUS の方が m2 スロット付きで値段も安いけど、なかなかの人気もので品切れが多く、注文時に品切れだったので、MSI にしました。

#合計金額

合計:84,668

ハードディスクなしなら、4,873 円やすくなり、79,795 円で 8 万円以下になります。もちろん CPU を i3 にダウングレードするともっとやすくなります。

#第9世代 CPU の F 型番の落とし穴

The HDMI Audio is not working on my PC.

オンボードの HDMI、VGA 出力が動作せず、グラボからだとモニター表示でします。

今まで独立グラフィックボードなしでマザーボードのインターフェース出力 HDMI、VGA など使っていた人にとっては大9世代 CPU の F シリーズはびっくりするでしょうね。
レビューを見ると初期不良など誤解をしている人がいるようです。実際、自分もきちんと説明読まずにやってみましたが、なかなか時間費やしていい経験になりました。
H310 と i3-9100F で組んだ PC がモニター出力できない時の対応

2020-02-24
  • hardware